モデルコース

流山歴史めぐりコース

歴史的な街並みが続く流山本町をめざして

流山セントラルパーク駅から1kmほど西側にある「流山本町」エリアは、明治時代前後に建てられた土蔵造りの家屋や木造の商家が残された歴史地区。そんな歴史的な建物をリノベーションして、おしゃれなカフェやギャラリーに生まれ変わっています。新選組や小林一茶ゆかりの地でもあり、歴史さんぽの人気エリアとなっています。さらに、白みりんの生産地としても全国的に知られ、みりんを使ったスイーツやみやげ物も楽しみです。

おすすめポイント

訪れるのはいずれも、歴史的な建物を使ったスポット。レトロとおしゃれが融合した空間にも注目です。

【START】流⼭セントラルパーク駅

徒歩約25分

徒歩すぐ

徒歩約4分

徒歩すぐ

徒歩約10分

徒歩すぐ

徒歩約12分+路線バス約10分

【GOAL】南流山駅
【所要時間】
6時間程度

1あかり館@雑貨konocono

もともと乾物屋だった築80年を超える商家を改築したショップ。さまざまな色や形の和紙照明が並ぶほか、ぬくもりを感じる手作りの雑貨、自家製酵母のパンとお菓子も販売されていて、訪れるたびに新たな発見があると人気です。

店舗・施設の詳細
営業時間
10:00~16:00(土曜、祝日は13:00~17:00)
定休日
日・月曜
入館料等
電話番号
所在地
千葉県流山市加6-1324

2蔵のカフェ+ギャラリー 灯環

移築後100年以上という土蔵を利用したカフェ&ギャラリー。店内では、流山特産の白みりんを使ったスイーツのほか、地元産野菜や発酵食材を使ったランチメニューが楽しめます。雑貨や陶器「笠間焼」の販売もあり、2階のギャラリーでは多彩なイベントも開催。

店舗・施設の詳細
営業時間
10:30~17:00
定休日
火・水曜
入館料等
電話番号
所在地
千葉県流山市流山1-155

3万華鏡ギャラリー寺田園茶舗 見世蔵

明治22年に建てられた店舗兼住居の土蔵が、万華鏡のギャラリーとなって生まれ変わりました。万華鏡世界大会で最優秀賞受賞歴が多数ある、流山在住の中里保子さんの作品をはじめ、国内外の作家による多彩な万華鏡を展示、販売しています。

店舗・施設の詳細
営業時間
10:00~17:00
定休日
月・火曜(祝日の場合は開館)
入館料等
電話番号
所在地
千葉県流山市流山2-101-1

4秋元

新選組が本陣を設けたと伝わる「長岡屋」の跡地である、「近藤勇陣屋跡」に隣接したおみやげショップ。流山市内でつくられた日本酒やみりんに加えて、近藤勇グッズも販売。近くに工場を構えるキッコーマンの「万上みりん」を買うこともできます。

店舗・施設の詳細
営業時間
8:30~17:30
定休日
日曜、祝日
入館料等
電話番号
所在地
千葉県流山市流山2-108

5一茶双樹記念館

流山の白みりん開発者の一人、五代目秋元三左衛門(俳号:双樹)と、江戸時代の俳人・小林一茶の親交を記念し、平成7年に開設された施設。一茶は双樹のもとを50回以上訪れたことが知られています。当時の商家を再現した秋元本家や安政年間の建築を残した双樹亭などが見学できます。

店舗・施設の詳細
営業時間
9:00~17:00
定休日
月曜(祝日
の場合は翌日休、年末年始は休み)
入館料等
大人110円、小人(小・中学生55円)
電話番号
所在地
千葉県流山市流山6-670-1

6杜のアトリエ黎明

明治・大正期、醸造業のかたわら、俳句を始めとする芸術・文化活動を展開した秋元洒汀のゆかりの地。こんもりとした庭園のなかのギャラリーは、洒汀の娘で画家・歌人の秋元松子と洋画家・笹岡了一夫妻のアトリエとして建てられ、現在は市民の芸術・文化活動の場、作品発表の場となっています。カフェが併設され、庭園に面したテラスで、スイーツ付きのドリンクや軽食を楽しみながら、ゆったりとした時間を過ごせます。

店舗・施設の詳細
営業時間
9:00~17:00
定休日
月曜(祝日の場合は翌日休、年末年始は休み)
入館料等
観覧無料
電話番号
04-7150-5750(一茶双樹記念館)
所在地
千葉県流山市流山6-562-2