つくばエクスプレス

安全・安定輸送を支える主な対策

完全立体交差

全線(58.3km)がトンネル・高架橋・橋りょう 等であり、踏切事故の要因となる道路との平面交差は一切ありません。

立体交差

自動列車制御装置(ATC)・自動列車運転装置(ATO)

自動列車制御装置(ATC)は、列車の衝突や脱線等を防ぎ、運転を安全にサポートする装置で、曲線やこう配、先行列車との距離を考慮した速度情報を常に受信し、走行速度が定められた速度を超えた場合には自動的にブレーキが作動し、列車の安全を守っています。
自動列車運転装置(ATO)は、乗務員がお客さまの乗降を確認しドア操作を行い、車両ドアと可動式ホーム柵が閉じた後、運転席の出発ボタンを押すと、次の停車駅まであらかじめ定められた運転パターンにしたがって列車の起動から加速、減速、そして駅での定位置停止制御に至るまでの運転操作を自動的に行います。
130km/hの高速で快速列車など複数の種別の列車が走行する線区でATO運転を採用したのは、国内で初めてです。
また、列車運行の使用電力量を節減させるため、惰行制御を取り入れました。これにより、乗り心地の向上などを図ることができました。 

可動式ホーム柵

ホーム上の安全確保のため全駅に可動式ホーム柵を設置し、ホームからの転落防止や走行中の列車との接触防止を図っています。可動式ホーム柵の開閉は、乗務員が運転席で行っています。

可動式ホーム柵

非常通報装置

列車内で急病人が発生した場合などの緊急連絡用に、車内非常通報装置を設置しています(各車両に2箇所、車椅子スペースに1箇所)。ボタンを押すと乗務員室につながり通話することができます。乗務員が対応できない場合は、総合指令所につながり通話することができます。
また、可動式ホーム柵や多機能トイレにはインターホンが設置され、駅係員と連絡をとることができます。



列車内


多機能トイレ


可動式ホーム柵

TX無線LANサービス 駅構内や高速移動中の列車の中でもインターネットが可能