TX-3000系特設ページ TX-3000系 2020年春 走ります TX-3000系特設ページ TX-3000系 2020年春 走ります

topics

2019年08月23日

「TX‐3000系特設ページ」を開設しました。

movie
feature

充実した輸送サービスの提供に向け
新型車両TX-3000系を導入します。
ここでは、TX-3000系の特徴を
紹介します。

TX3000系の導入に伴うダイヤ改正により、朝ラッシュ時間帯1時間の最混雑区間(青井駅〜北千住駅)の 運行本数を現在の22本から25本に3本増加する等、朝時間帯を中心に輸送力が増強されます。
design

これまで沿線とともに成長してきた現行車両のイメージを継承し、
進化、洗練させることで、つくばエクスプレスの更なる飛躍を感じさせるデザイン。

外観
  • TX-1000系とTX-2000系の基本ベースを継承しつつ、先頭前面の傾斜を強くしたこととヘッドライトの形状で先鋭感を強調したデザイン。
    前面窓はメンテナンス性を考慮したシンプルな構成。

  • 現行車両のデザインのブルーとレッドを“継承”。
    斜めのラインで疾走するexpressをイメージしスピード感を表現。

内観
  • 清潔感、解放感のある内装デザイン。 沿線との一体感を表現。

  • バリアフリーへの更なる対応を考慮。

safety
  • 吊手の数を増加し、混雑時や車両動揺に対する安全性を向上。

  • 車内のセキュリティの向上を図るため、車両内へ防犯カメラを設置。

  • 異常時の状況が適切に分析できるよう、前方監視カメラを搭載。

safety
  • 車内の大窓ガラスにUVカットのグリーンガラスを採用し、紫外線を抑制。

  • 各ドア上部に42インチハーフの大画面液晶車内案内表示器を搭載し、乗換案内や駅設備案内等を大きくわかりやすく提供。

  • 車内案内表示器では、訪日外国人向けに英語、中国語および韓国語により情報を提供。

  • 1編成6両全ての車両で、範囲を明確にしたフリースペースとUD(ユニバーサルデザイン)シートと優先席を設置。

  • 座席のクッション性を改良し、座り心地が向上。

  • 連結面や座席横の仕切り、荷棚に透明な強化ガラスを採用し、車内の見通しを改善。

ecology
  • 主制御装置に最新のSiC素子を適用し電力量を削減し、走行に伴う消費電力量を削減。(13%程度の削減見込み)

  • 前灯にLEDを採用し、従来のHIDと同等以上の明るさを確保しながら、電力量を削減。(Loビーム時で70%程度の削減、Hiビーム時で30%程度の削減見込み)

making
  • making01
    先頭構体が完成
    2019年4月中旬、山口県にある日立製作所の車両工場で、車両の先頭部分が完成しました。
    現行車両のイメージを継承したデザインをもとに金属の型材を作成し、出来上がった各パーツを組み合わせて、車両の顔とも言える先頭部分の骨組みが完成しました。
    TX-1000系とTX-2000系と比べて、前面の傾斜を強くしているのが特徴です。
  • 構体の組み立て
    2019年4月中旬から下旬、先頭構体をはじめ、側面や天井、床部分の構体をそれぞれ巨大なクレーンで運び、6面体に組み立て、溶接しました。
    making02
  • making03
    構体が完成
    2019年4月下旬、車体の骨組みを担う構体が完成し、
    TX社員の立会検査を行いました。
  • カラー帯の取り付け
    2019年5月中旬、TXのコンセプトカラーであるブルーとレッドのカラー帯の貼付け作業を行いました。
    TX-1000系とTX-2000系のデザインを継承しつつ、疾走するexpressのスピード感を斜めのラインで表現しています。
    making04
  • making05
    配線等の取り付け
    2019年5月中旬から6月下旬、断熱材や配線等の取り付け作業を行った後、再度、TX社員の立会検査を行いました。
    その後、特別な機械で車両を反転させ、天井パネルの設置、つり革の取り付けを行いました。
    TX-3000系では混雑時や揺れに対する安全性を向上させるため、吊手の数を増やしています。
  • ドア・窓ガラスの取り付け
    2019年6月下旬、作業員により細かく調整を行いながら、 ドアや大窓ガラスの取り付けを行いました。
    車内の大窓ガラスにUVカットのグリーンガラスを採用し、 紫外線を抑制しています。
    making06
Example image
goods
Example image