つくばエクスプレス

筑波山・筑波山神社について

万葉集にも登場する筑波山は、お山そのものがご神体です。

日本百名山のひとつにも挙げられる筑波山は、坂東無双の霊山。「西の富士、東の筑波」と並び称されるほど。関東平野の北東に、すっくと立つ優雅な山容は古 来より高貴な色、紫で表され「紫の山」「紫峰」と呼ばれます。神々の山として万葉の歌人が様々な歌に詠んだことでも有名です。
山は二つの峰からなり、南から向かって右が女体山877m、左側が男体山871m。
神代の昔、イザナギ、イザナミの二柱の神様が山頂の「天浮橋」(あめのうきはし)に立ち、手にした鉾の先から滴を垂らすと、それが日本の国になったと古事記に記されています。

筑波山神社

筑波山神社は筑波山を神体山と仰ぎ、西峰に筑波山大神(イザナギノミコト)を、東峰に筑波山女大神(イザナミノミコト)を祀ります。神武天皇元年には、両山頂にご本殿が建立されたといわれる古代山岳信仰の形を今にとどめる関東屈指の名社です。
家内安全、夫婦和含、縁結びの神として、広く関東一円より信仰を集めています。

筑波山神社の文化財

貴重な江戸時代初期の建造物。(いずれも茨城県指定文化財)

明治時代の初めには「神仏判然令」を契機に起こった廃仏毀釈によって、仏教寺院のほとんどが姿を消しましたが、筑波神社の境内には江戸時代からの文化財が残されて拝観が可能です。大御堂は現在、神社の隣に移り、千手観音をいまに伝えています。

神橋
神橋
切妻造りの屋根を載せる太鼓橋。春と秋の御座替祭(おざがわりさい)に渡ることができる。
  厳島神社
厳島神社
筑波山神社の境内社。回りに池があり、島に浮かんだ形で社が建つ。壮麗な彫刻など細部の贅に驚かされる。
日枝(ひえ)神社・春日(かすが)神社とその拝殿
日枝(ひえ)神社・春日(かすが)神社とその拝殿
拝殿の奥、向かって右に日枝、左に春日の社が建つ。日枝神社の三猿(写真下)は、日光東照宮のものより早く造られた。

TX無線LANサービス 駅構内や高速移動中の列車の中でもインターネットが可能