TXウォーキングマップ「ARUKU」
18/28

600m流山駅から北、流山本町と呼ばれる一帯は、TX沿線のなかでも歴史散歩が楽しめる人気のエリア。大きなしめ縄がシンボルの「赤城神社」を皮切りに、漂泊の俳人・小林一茶ゆかりの「一茶双樹記念館」、明治期の土蔵を使ったギャラリー「見世蔵」、江戸時代の義賊・金子市之丞の墓がある「閻魔堂」などの歴史スポットが旧街道沿いに連続。ハイライトは「閻魔堂」に隣り合う「近藤勇陣屋跡」。新撰組が本陣を置き、隊長・近藤勇が西軍に出頭し捕らえられた地だ。 流山市立中央図書館に隣接する「流山市立博物館」は、こうした流山の歴史を時代の移ろいとともに学べるスポット。かつて葛飾県庁が置かれた地でもあり、敷地内にその歴史を伝える石碑が立つ。 中世城郭の空堀などが残る「花輪城址公園」や「茂侶神社」を巡り、大通りを北東へ、さらに南東へと進めば、大型商業施設「流山おおたかの森S・C」と隣接するTX流山おおたかの森駅に到着する。南流山~流山おおたかの森江戸川沿いの歴史スポットと新タウンを巡る新旧ウォーキング新撰組・近藤勇や小林一茶など、歴史上に名を刻む偉人ゆかりの流山。江戸川左岸の歴史エリアから、新しく誕生した流山おおたかの森を目指す。1350m800m300m650m1000m2300mTX流山おおたかの森駅TX南流山駅赤城神社流山市立博物館近藤勇陣屋跡花輪城址公園茂侶神社一茶双樹記念館閻魔堂JR武蔵野線が乗り入れるTX南流山駅。入り口にある鳥居に掲げられた、巨大なしめ縄が目印。近藤勇率いる新撰組が本陣を置いた地。屋外にある石碑等は見学自由。TX流山おおたかの森駅に隣接する大型ショッピングセンター。新撰組ゆかりの歴史や民俗など、流山の歴史を総体的に紹介する。毎年1月に行われる、餅を奪い合う奇祭・ヂンガラ餅行事が有名。日曜と祝日の午後、閻魔像の見学案内が行われる。俳人・小林一茶がたびたび訪れた商家を使った記念館。流山は一茶の第2の故郷とも呼ばれている。戦国期に一帯を支配していた高城氏が築いた花輪城跡を整備した公園。空堀に囲まれた丘の上に上がることもできる。流山おおたかの森S・C流山本町にある「見世蔵」は、重厚な土蔵に世界的な万華鏡作家の作品などを展示。GOALSTART南07TOTAL7約kmCOURSE INFO●距離:約7km●所要時間:約2時間20分●消費カロリー:約320kcal見世蔵Minami-NagareyamaNagareyama-otakanomoriCOURSE 0717

元のページ 

page 18

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です