つくばエクスプレス

ニュースリリース

つくばエクスプレス ニュースリリース

このニュースは、国土交通記者会・ときわクラブ・TX沿線の各記者クラブにリリースします。

平成30年3月30日

首都圏新都市鉄道株式会社

TX全車両の優先席に
「ヘルプマーク」ステッカーを掲示し、周知します       
〜どなたにもご利用しやすい鉄道を目指して〜

 つくばエクスプレス(TX)を運営する首都圏新都市鉄道株式会社(代表取締役社長 柚木 浩一、本社:東京都千代田区)では、ヘルプマークの趣旨に賛同し、援助が必要な方にもご利用しやすい車内環境を整備する取り組みとして、2018年4月から、TX線全車両の優先席付近に、ヘルプマークのステッカーの掲示を開始します。また、全20駅において、ポスターを順次掲出し、ヘルプマークの普及に協力してまいります。
 「ヘルプマーク」とは、義足や人工関節を使用している方、内部障がいや難病の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としていることが、外見からは分からない方々が、周囲の方に配慮等を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるように、東京都が作成したマークで、2012年10月から、公共交通機関などで配布やステッカーの表示が進められており、2017年7月に、JIS(日本工業規格)による案内用図記号(JIS Z8210)として認められたものです。
 今回の取り組みは、複数自治体(東京都、埼玉県、千葉県、茨城県)内を運行する鉄道事業者として、TX線独自に行うものであり、今後も引続き、どなたにもご利用しやすい鉄道を目指して、車内や駅構内の環境を整備してまいります。
 詳細は別紙のとおりです。

別 紙

TX線「ヘルプマーク」取り組みについて

1.ステッカーの掲示
(1)掲示開始日 2018年4月2日(月)から順次
(2)掲示箇所  全車両 優先席付近の窓部分

2.普及ポスターの掲出
(1)掲出開始日 2018年度内(時期未定)
(2)掲出箇所  全20駅
※東京都内7駅(秋葉原、新御徒町、浅草、南千住、北千住、青井、六町)については、
 既に掲出しています。

3.その他
当社ならびにTX線駅窓口では、「ヘルプマーク」の配布は行っておりません。

以 上

関連ファイル

TX無線LANサービス 駅構内や高速移動中の列車の中でもインターネットが可能