つくばエクスプレス

ニュースリリース

平成29年1月24日

首都圏新都市鉄道株式会社

(お詫び)新御徒町駅での列車過走について

 首都圏新都市鉄道株式会社(社長:柚木 浩一 本社:東京都台東区)では、1月23日(月)17時03分頃、秋葉原駅発(17時00分)の快速つくば行き列車が、新御徒町駅にて所定停止位置から約45m過走して停止するという事象が発生いたしました。
 ご利用のお客様には、大変ご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。
詳細は、下記の通りです。

1.発生日時
 平成29年1月23日(月) 17時03分頃

2.発生場所
 つくばエクスプレス 新御徒町駅 1番線   (所在地:東京都台東区小島2-21-18)

3.当該列車
 第3043列車(秋葉原駅17時00分発 快速つくば駅行き、6両編成)

4.発生状況
 当日は沿線で強風が観測されており、急遽の運転規制(風速が規制値を超えた際に、安全を確保する為に速度を落として運転すること)に備える為、15時04分より運転方法を通常のATO運転(注1)からTASC運転(注2)に変更していました。当該列車も、秋葉原駅出発前に担当乗務員が運転方法を設定するスイッチをTASC運転に設定するべきところでしたが、誤って手動運転(注3)に設定し、同駅を約1分遅れて出発しました。さらに、基本動作に定めてある運転方法を示す表示灯の確認などを失念して運転を継続、新御徒町駅のホーム始端を約50km/hで進入し、同駅ホーム中程で速度が低下しないことに気付いてブレーキ操作を行いましたが、当該列車は同駅の所定停止位置を約45m行き過ぎて停止しました。その後、当該列車は付近の安全を確認後に停止位置を修正し、同駅に約5分遅れて到着後にお客様の乗降扱いを行いました。 
なお、この件によりケガをされたお客様はいらっしゃいませんでした。

注1:駅出発から次停車駅に停車するまでの全ての運転操作を自動で行う運転方法。
注2:列車の力行(加速)、惰行操作等は乗務員が行い、駅に停止する際のブレーキ操作のみを自動で行う運転方法。
注3:自動列車制御装置(ATC)のもとで、全ての運転操作を乗務員が行う運転方法。

5.原因
 運転方法を設定するスイッチ(運転切換スイッチ)の設定(切換)誤りと、基本動作の失念。

6.対策
 基本動作の励行の再徹底を行います。

以上

関連ファイル

TX無線LANサービス 駅構内や高速移動中の列車の中でもインターネットが可能