つくばエクスプレス

ニュースリリース

つくばエクスプレス ニュースリリース

このニュースは、国土交通記者会・ときわクラブ・TX沿線の各記者クラブにリリースします。

平成29年3月9日

首都圏新都市鉄道株式会社

平成29年3月19日(日)初列車より
入出庫線の複線使用を開始します!!
〜 安定輸送の更なる向上を図ります 〜

 つくばエクスプレス(TX)を運営する首都圏新都市鉄道株式会社(代表取締役社長 柚木 浩一、本社:東京都千代田区)では、平成25年度より守谷駅(茨城県守谷市中央4-9)と総合基地(茨城県つくばみらい市筒戸3500)間を結ぶ『入出庫線の複線化』工事を進めてまいりましたが、平成29年3月18日(土)に線路切替工事を実施し、3月19日(日)初列車より複線としての使用を開始いたします。
 守谷駅と総合基地を結ぶ入出庫線は、平成17年8月の開業以来単線区間となっており、万一、同区間で車両故障等が発生した場合、本線上での輸送障害が生じる恐れがありました。今回の『入出庫線の複線化』により、輸送障害発生のリスク低減を図り、“安全・安定・安心輸送”の更なる向上に努めてまいります。
 また、『守谷駅の追越設備新設』工事ならびに総合基地内に新設中の『車体更新場新設』工事におきましては、平成29年度中の完成を目途に、引き続き、工事を進めてまいります。
 詳細は下記のとおりです。

 ※入出庫線の複線使用を開始いたしますが、分岐器撤去等の残工事を引き続き進めてまいります。

『入出庫線の複線化』工事の概要について


◆入出庫線(守谷駅〜総合基地)の複線化工事

1.工事箇所
 守谷駅と総合基地を結ぶ入出庫線

2.工事延長
 約1,400m(高架方式)

3.工事目的
 単線区間を複線区間とすることで、入出庫線において車両故障等が発生した際の輸送障害のリスク低減を図り、更なる安定輸送に努めていく事が目的。

4.工事期間
 平成25年3月〜平成29年3月(4年間)

5.使用開始
 平成29年3月19日(日)初列車より

6.その他
 『入出庫線の複線化』工事の終了により、守谷駅〜みらい平駅間の上下線の一部区間で実施しておりました徐行運転を解除いたします。

関連ファイル

TX無線LANサービス 駅構内や高速移動中の列車の中でもインターネットが可能