つくばエクスプレス

ニュースリリース

平成28年12月27日

首都圏新都市鉄道株式会社

防音壁のコンクリート片が落下していた件について

 首都圏新都市鉄道株式会社(本社:東京都台東区 代表取締役社長:柚木 浩一)では、平成28年12月26日(月)、守谷駅付近の高架橋(防音壁)の一部箇所からコンクリート片が落下していた事が判明いたしました。
 同駅付近をご利用の皆様には、大変ご心配およびご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。
 詳細につきましては、下記のとおりです。

1 発見日時 : 
平成28年12月26日(月) 11時00分頃

2 発見場所 : 
柏たなか駅〜守谷駅間(守谷駅寄り:第2守谷高架橋の高架下)
住所:茨城県守谷市百合ヶ丘2丁目

3 概要 : 
上記日時、柏たなか駅〜みらい平駅間の施設巡視を行っていた技術作業員が、
守谷駅付近の第2守谷高架橋の高架下にコンクリート片がある事を発見いたしました。
発見した周辺の高架橋を調査したところ、同形状の欠損が高架橋の防音壁に認められました。
なお本件について、お怪我等のお申し出はありません。

<落下したコンクリート片>
・落下物…高架橋(防音壁)コンクリート片
・大きさ…(長さ)300mm、(幅)70mm、(厚さ)30mm
・重さ…640g

4 原因 :
詳しい原因については調査中です。
現在までの調査では、鉄筋の一部に錆が見られたことから、防音壁の表面に発生したひび割れに雨水等が浸透し、内部の鉄筋に錆を発生させ、鉄筋が膨張したことにより表面のコンクリートが剥がれ落ちたことが考えられます。

5 対応 : 
発見当日中に、当該箇所周辺の高架橋(防音壁)の点検を実施しましたが、はく落等の恐れのある箇所は見受けられませんでした。
なお当該欠損箇所については、鉄筋の露出が見られるため、早急に応急処置を施します。

6 再発防止策 : 
全線の高架橋において、本日より緊急点検を行い、同様の兆候が見られる箇所はコンクリートの叩き落し等の予防措置を行います。

以 上

関連ファイル

TX無線LANサービス 駅構内や高速移動中の列車の中でもインターネットが可能