つくばエクスプレス

ニュースリリース

平成28年12月15日

首都圏新都市鉄道株式会社

乗務員が終着駅を誤認した件について

 首都圏新都市鉄道株式会社(本社:東京都台東区 代表取締役社長:柚木 浩一)では、平成28年12月14日(水)19時06分頃、浅草駅(2番線)において、乗務員が当該駅を終着駅(秋葉原駅)と誤認し、折り返し始発列車(普通 守谷行き)の案内放送を行ってしまうという事象が発生いたしました。
 ご利用のお客様には、大変ご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。
 詳細につきましては、下記のとおりです。

1 発生日時
 平成28年12月14日(水) 19時06分頃

2 発生場所
 浅草駅(東京都台東区西浅草3-1-11)2番線<上りホーム>

3 概要
 当該列車(第5038列車、つくば駅18時09分発 普通 秋葉原行き)は、浅草駅(2番線)を定時に到着。担当乗務員は、ドアを開扉した後、当該駅を終着駅である秋葉原駅と誤認し、折り返しとなる下り列車(普通 守谷行き)の準備作業を行いました。その後、担当乗務員は乗務員室から出たところで当該駅が終着駅(秋葉原駅)ではない事に自ら気付き、上り列車(普通 秋葉原行き)に再び設定を戻し、約1分延で浅草駅を発車し、運転を継続いたしました。
なお本事象による、お客様の怪我人等はありませんでした。

4 状況
 本事象は、誤案内により当該列車に乗車されていたお客様が、浅草駅で約20名降車された事が判明いたしました。

5 原因
 乗務員が眠気をもよおし浅草駅を秋葉原駅と誤認したため。

6 再発防止策
 ・基本動作及び体調管理の更なる徹底を致します。
 ・乗務員確認用の駅名表示を設置し、この種の再発防止を図ります。

以 上

関連ファイル

TX無線LANサービス 駅構内や高速移動中の列車の中でもインターネットが可能