つくばエクスプレス

ニュースリリース

平成28年10月31日

首都圏新都市鉄道株式会社

新御徒町駅で可動式ホーム柵が開扉状態で列車が進入した件について

 首都圏新都市鉄道株式会社(本社:東京都台東区 代表取締役社長:柚木 浩一)では、平成28年10月31日(月)、新御徒町駅(1番線)において、可動式ホーム柵が開扉したまま列車が進入するという事象が発生いたしました。
 ご利用のお客様には、大変ご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。
 詳細につきましては、下記のとおりです。

1 発生日時
 平成28年10月31日(月) 5時10分頃

2 発生場所
 新御徒町駅(東京都台東区小島2-21-18) 1番線<下りホーム>

3 概要
 当該列車(第5001列車、秋葉原5時08分発<始発列車> 普通つくば行き)は、新御徒町駅(1番線)に進入時、可動式ホーム柵が開扉状態であることを当該乗務員が確認、ただちに非常ブレーキを使用して列車を停止させました。列車は所定停止位置より約55m手前に停車し、駅係員による安全確認の後、約3分延で同駅に停車しました。
 本事象による、お客様の怪我人等はありませんでした。

4 状況
 開扉状態であった可動式ホーム柵
 ・新御徒町駅(1番線)の可動式ホーム柵:24箇所

5 原因
 駅係員が営業開始前の可動式ホーム柵の開閉点検の際、閉扉することを失念したため。

6 再発防止策
 作業時における基本動作の確実な実施ならびに係員相互の確認と連絡の徹底を行うように指導いたします。

以 上 

関連ファイル

TX無線LANサービス 駅構内や高速移動中の列車の中でもインターネットが可能