つくばエクスプレス

ニュースリリース

平成28年9月23日

首都圏新都市鉄道株式会社

社員が禁止薬物所持容疑で逮捕されたその後について(続報)

 当社社員が、平成28年8月28日に、警視庁昭島警察署に東京都条例(東京都薬物の濫用防止に関する条例)違反容疑で逮捕された件については、既に、ご報告しているところでありますが、改めて、ご心配とご迷惑をお掛けしましたことをお詫び申し上げます。

 当該社員については、平成28年9月14日に東京地方検察庁立川支部において不起訴処分を受け、その後、会社内に設置された賞罰審査委員会において調査・審議し、本人からの弁明等も聴取した上で、9月23日付けをもって、当社就業規則に定める「諭旨解雇」処分といたしました。

 本件については、当該社員の業務である乗務中の使用はなく、また、常習性等もないことが認められましたが、いずれにしても、お客様からの信頼を著しく損なう行為であり、ご利用いただくお客様に深くお詫び申し上げるとともに、本件を厳粛に受け止め、綱紀の粛正と再発防止に取り組んでまいります。

1 当該社員の所属等
 鉄道事業本部 運輸部 乗務管理所 乗務員 40歳代 男性

2 事件発生後の対応と再発防止策等
 (1)本社・現業の管理職者合同会議を開催して、社長から、厳正な綱紀の粛正、職責の再認識及び再発防止の徹底等について指示いたしました。
 (2)コンプライアンス委員会を開催し、各職場に配置されたコンプライアンスリーダー及び相談員に対して、所属員へのコンプライアンス遵守の徹底と禁止薬物防止に関する啓発DVDを職場内で視聴する研修を実施いたしました。
 (3)全社員を対象に、各職場の管理職から、禁止薬物の使用や所持をしていないか等をはじめとして、今後、再発防止として取り組むべき事柄等について、一人ひとり、個別に面談を実施いたしました。
 (4)全社員を対象に、外部の講師を招いて、禁止薬物の防止に関する講演や研修を実施することとしており、順次、開催しているところです。
 (5)他社での導入事例等を踏まえ、禁止薬物に関する専門家等とも相談しながら、今後、社員に対する薬物検査について検討してまいります。

以 上

関連ファイル

TX無線LANサービス 駅構内や高速移動中の列車の中でもインターネットが可能