つくばエクスプレス

ニュースリリース

このニュースは、国土交通記者会、ときわクラブ、TX沿線の各記者クラブ及び報道各社にリリースします。

平成27年7月30日

労働基準監督署への是正報告について

 つくばエクスプレス(TX)を運営する首都圏新都市鉄道株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:柚木浩一)では、過日、平成27年4月24日に、「上野労働基準監督署から出された是正勧告の内容を真摯に受け止め、適切な対応措置をとるとともに、同労働基準監督署に報告する。」旨のプレス発表をしたところでありますが、今般、下記のような内容を報告し、受理されました。
 今後とも引き続き、労働基準法をはじめとする関係法令等の遵守を徹底してまいります。

(1)時間外労働に関する協定に関しては、当社の労働実態に合わせて1日あたり延長できる時間を8時間又は10時間と変更して労使協定を締結いたしました。
 今後とも、社員等への36協定書等の周知活動を行うとともに、労使協定を超えた時間外労働とならないよう指導・徹底をしてまいります。

(2)割増賃金の算定基礎に宿泊手当を算入すること等に関しては、平成27年4月以降、是正勧告に基づいた内容で算定して支給しています。
 なお、過去に遡及して支払う賃金については、社内での調査・計算等を行ったうえで、各個人に通知し、確認作業が終了し次第、9月の給与で支払うこととしています。  

(注)社内での調査・計算等の結果
  9月の給与で支払う総額は全社員合計で約1,800万円程度となる見込み。

(3)安全衛生委員会の委員の半数を労働者代表の推薦に基づいて指名することに関しては、平成27年4月以降、労働者代表の推薦を受けた者を指名しています。

 

関連ファイル

TX無線LANサービス 駅構内や高速移動中の列車の中でもインターネットが可能