つくばエクスプレス

ニュースリリース

つくばエクスプレス ニュースリリース

このニュースは、国土交通記者会、ときわクラブ、TX沿線の各記者クラブ及び報道各社にリリースします。

平成25年9月30日

首都圏新都市鉄道株式会社

『つくばエクスプレス 早期地震警報システム』の
運用開始について (平成25年10月1日〜)

 つくばエクスプレス(TX)を運営する首都圏新都市鉄道株式会社(代表取締役社長 石井 幸男、本社:東京都台東区)では、首都直下地震など巨大地震に備えるため、10月1日(火)から、新たな早期地震警報システムの運用を開始しますのでお知らせします。

 早期地震警報システムは、つくばエクスプレスの秋葉原駅〜つくば駅間(全長58.3km)に7.5〜15kmの間隔で5つの地震計を設置するとともに、気象庁の緊急地震速報と同様、地震の発生初期の小さな揺れの観測・分析から、大きな揺れ(震度4以上)が到来すると予測される場合には警報を発する機能を付加しています。

 これにより、つくばエクスプレス沿線付近を震源とする地震が発生した場合においては、気象庁の緊急地震速報より早く警報が発せられ、列車の緊急停止措置をより早く講じることが可能となり、被害を軽減できます。

 つくばエクスプレスにおいては、引き続き、地震をはじめ防災対策に全力で取り組んでまいります。

関連ファイル

TX無線LANサービス 駅構内や高速移動中の列車の中でもインターネットが可能